音楽(人生)歴

 

 

 

4歳よりピアノを習い始め、そのころにはすでに両手で弾けていたらしい。

5歳の初めての発表会では「人形の夢と目覚め」を弾く。

小学校1年生、初めてのコンクール(ピティナ)にて予選3位通過、本選では優秀賞を頂く。

小学校4年生、ピティナコンクールにて最初で最後の全国決勝大会出場。

小学校5年~中学1年生までピティナにて本選優秀賞を取り続ける。

(小6年の頃から、シンガーソングライターを夢み、作曲を始める)

が、中学2年生で、まさかの予選落ち。ピアノ人生初めての挫折を味わう。

中学3年生ピティナE級にて予選1位通過、添田町長賞をいただく。本選の九州大会では奨励賞をいただく。

高校1年生でピティナF級(飛び級)で予選通過、本選の九州大会で奨励賞をいただく。

同じく高校1年の冬、北九州芸術祭にてショパンの「ポロネーズ5番」を演奏し、本選奨励賞(5位)をいただく。同時期にクラシックピアノを卒業。

 

高校2年からピアノと歌を別録りで録音を始める。

高校3年生、ビ○ター隠密団のオーディション合格。

最終選考まで残るが、母親の猛烈な反対にあい断念。

この時に「最後の曲」と思って作った曲が、自分の最高傑作だと思う。

受験のためピアノは弾かなくなる。

 

大学1年はまったくピアノに触らなかった。バイトばっか。

母親にグランドピアノを処分したら?と言われるが、それは流石に拒否。(処分しなくてよかったぁ><)

大学1年生の3月、バイト中にとあるイベントでミュージシャンの韓国人と出会う。

その出会いがきっかけで、歌を習うことを決意。

大学2年生の6月、親に無断でワールドミュージックアカデミーの門をたたく。

が、速攻 親にばれる。

自分のお金で習うこと、大学は卒業することを涙ながらに約束し了解を得る。

9月ソニー主催のコトビキオーディションの2次選考に残り、初のライブパフォーマンスをする。

その時のパフォーマンスが高評価を得、東京のスタジオ(初!)で録音する。

後にプリプロオーディションのプレゼンテーションライブ出場への切符となる。

2012年5月、大塚愛が優勝したORC200ヴォーカルクイーンコンテストにて特別賞受賞 

   

人生、できないことなんてありません。

2012.世界が滅亡する前に、Pirokoは開花します!

 

 

出演歴

 

2011.3.30 ゲイツ7にて人生初ライブ

2011.4.25 SonyMusicArtists主催プリプロオーディションvol.3 最終プレゼンテーションライブ in club asia(東京)出演

2011.5.25 NHKテレビ「トンスタ」(九州限定)

2011.6.5 西日本新聞Q Musicコラム 掲載

2011.6 月刊Auidition プリプロ結果記事にて写真が掲載

2011.8.6 小倉城冒険王 イベントステージにて40分間ライブ出演(ライブ5回目にして初めてのトリを務める)

2011.8.27 第30回日本思春期学会のテーマソング 懇親会ゲスト出演

2011.9.18 リバーウォーク スクールフェスティバル 福岡県立大学代表

2011.10.15 小倉城まつり イベント出演

2011.10.30 WEC主催ヴォーカルオーディション最終選考出演(BENNIE KのYUKIさんの前で歌唱)

2011.12.3 キャナルシティ FMF第5弾キックオフイベント出演

2011.12.18 ファンタジックステージin紫川2011 OA(Mariah Careyのクリスマスソングを弾き語りで歌唱)

2011.12.23 筑紫野ベレッサクリスマスイベント出演(年内最後。ライブ16回目)

2012.2.2 FM北九ラジオ「REAL BASTAR MUSIC」21時~出演予定

2012.3.11 東日本大震災復興支援チャリティライブ(初ワンマン!)

2012.3.30 小倉城さくら祭 出演

2012.5.4 大阪ORC200ヴォーカルクイーンコンテスト 特別賞

2012.9.29 AFROCK FESTIVAL'12出演

2012.10.20 小倉城祭り(B1グランプリ北九州フェア会場) イベント出演